皆様こんにちは。

 

タイトルは、4月のメニューの前菜に付けた料理名です。

この季節に出回る食材の移り変わりがちょっと読めないので、

申し訳ありませんが抽象的な表現にさせていただきました。

CIMG1034

写真の料理はホタテ、サヨリ、スルメイカ、サゴシを使いました。

豆類も大分安く仕入れられるようになりました。

西洋タンポポは個人的なお気に入りです。

 

以下、料理写真です。

CIMG1039

↑ オマールエビの軽いソテー (ディナーの前菜)

ヴァニラとポートワインの香り、海老のクリームソースです。

 

CIMG1031

↑ カリフラワーのスープとエスカルゴ

エスカルゴバターでソテーしたエスカルゴ。苦手な方はそのバターだけスープに混ぜていただいてもおいしいですよ。

 

CIMG1036

↑ お魚のムースとサーモンの春キャベツ包み蒸し

定番ですけど、シンプルにおいしいと思います。春キャベツは芯もおいしいので、あえて残しています。

 

CIMG1042

↑ クリームチーズのムースとプチシュー

キャラメル赤ワインソースという変わったソースでいただきます。

シューの中もクリームチーズです。

 

最近、天然物の生食に関する健康被害のニュースが気になります。

シカ、イノシシ、ヒラメ、カキ、卵・・・。

どんなに衛生的な環境で料理を作ったとしても、食中毒は「絶対に無い」事はありません。

「新鮮」「天然物」、危険性よりもおいしい方を優先してしまう意識は何なのか・・。

消化器官が頑丈な人は大丈夫でしょうが、そうではない人の方が多いと思います。

科学の進歩で病原体の詳細ははっきりとしてきていますが、それに甘んじることなく、

色々な情報を得た上で喫食される事をおすすめします。

とりあえず納豆菌や乳酸菌が良い効果をもたらすと思いますよ・・。

 

乾燥の時期もだんだんと少なくなってきました。

お腹を強くして、これからの季節の食事を楽しんでください。

最近湿度が高かったので、ミルで挽いたコーヒーの粉が静電気で容器に付かなくなりました。

当店の給仕スタッフが喜んでいました。

こんな所でも季節を感じさせてくれますね。