皆様こんにちは。

 

2月のメニューが始まりました。

寒い時期に作りたかったメルゲーズを前菜としています。

苦手な方が多い仔羊肉をいかに食べやすくするか・・。

この形とこの味が日本人は大好きだと思います。

CIMG0986

↑仔羊肉のメルゲーズとタブレ。

少し辛いソーセージです。仔羊のジュに粒マスタード。

フロマージュブランとフルーツのラッスィーがお口休めに付きます。

フランスから地中海を挟んで対岸のアフリカ大陸の北西部に位置する国々(マグリブ=日が没する、西方)の料理です。

植民地としていたフランスとの関わりも深く、クスクスのサラダも添えて、なおかつタジン鍋の形にしています・・。

辛口の白ワイン、ロゼワインが合うテイストです。

 

以下、他の料理の写真です。

 

CIMG0989

↑天使海老と豚肉のパテのラヴィオリ、甲殻類のクリームソースです(温かい前菜、ディナーのみ)。

キノコのデュクセル、トランペット茸を一緒に包んでいます。ソースに少しブランデーを・・。

 

CIMG0990

↑安納芋のスープ。きな粉シュガーをまぶしたグージェールの浮身。

種子島が元祖ですね。水分を多く含んでおり、スープにした後のデンプン質も気になりません。

暖かい山吹色に仕上がります。

芋、きな粉、チーズ、それぞれの風味がばっちり合います。

 

CIMG0991

↑デセールは、紅玉リンゴとごぼうのカスタードパイです。

油脂分を含まないパートフィロという生地で包み、焼いています。

オレンジとショウガのソース、リンゴのクリームソース、シナモンのクロカン添え。

 

前菜はパッと作れるものではありませんので、せっせと仕込んでご用意しておきます。

2月は日にちが少ないので、ぜひ寒いうちにご来店ください。