皆様こんにちは。

食後のコーヒーのお話です。

当店は、「萩原珈琲」さんのコーヒー豆を使用させてもらっています。

お取引をさせて頂く前に、焙煎工場も見学させてもらいました。

豆や薪のこだわり、手作業で行われる焙煎の温度や時間の調節など、

なんとも芯のある仕事と出来上がるコーヒー豆は非常に素晴らしいものでした。

それを少ない発注量でも、「鮮度が大切」と届けて頂けます。

 

デザートをお出ししてから、直前に専用のコーヒーミルで挽いて、

当店はサイフォンで抽出します。

CIMG0780

ボタン一つで放っておいても出来るものでは何の気持ちも入りませんし、

私個人がサイフォンで作りたかった事もあります。

プロフェッショナルではありませんので、安定した味で抽出する事はまだ不足している

かもしれませんが、手をかける事でしっかりと気持ちをこめる事が出来ます。

 

器具の洗浄など面倒ではありますが、アナログな仕事こそ、

全てのありがたみが分かるような気がしています。

こうなるとコンベクションオーブンは要らなかったかな?とも考えてしまいますが・・・。

 

今の料理は完全なる手作業では出来上がらないものが多いですが、

「手をかける」事は、おいしい料理が出来る一つの要素ですので、

手を抜かずに正直に料理を作っていきたいと思っています。