皆様こんにちは。

 

先にインスタグラムで投稿しましたが、また台風ですね・・・。

 

今回はスパイスのお話です。

上の写真、トウシキミという名前の植物の果実を乾燥させたものだそうで、主に中国で栽培されています。

アニスやウイキョウと同じ香りの成分のアネトールが含まれており、

その形からスターアニス、八角、八角ウイキョウなどと呼ばれるスパイスです。

タイトル表記のフランス語は、アニス・エトワール「星のアニス」ですね。(読み方はリエゾンしていますが)

今月お料理のサツマイモのスープの香りづけに、お肉料理のスパイスと蜂蜜のソースにも使っています。

その他に素材にもよりますが、コンポートやジャムにも入れたり、肉の出汁やブイヨンをとる時にも使います。

特に豚肉に非常に合うと思います。

お肉の出汁の中で、豚の出汁だけは甘味が強く出ますので、こういう甘い香りのあるスパイスがさらに引き立てるのでしょうね。

豚バラ肉の煮込みやリエットなど、ちょっと脂っこいものを作るときにも、こんな香りがくどさを中和させてくれると思います。

豚の角煮なんかは、八角料理(?)の代表格ですよね。

クリスマスの時期によく見る、パンデピスというスパイスケーキがあります。

パウンド型などで大きく焼いて、その上の飾りにも、八角が使われていますね。

香りもそうですが、名前とこんなヴィジュアルが大好きです。

お料理のうんちくも楽しいですが、基本は感覚で楽しんでください!

そんなスパイスのお話でした。